カテゴリー別アーカイブ: 健康

菜の花はうれしい

最初に菜の花が登場する歌です。

b_nanohana

 菜の花畠に 入日薄れ
 見わたす山の端(は) 霞ふかし
 春風そよふく 空を見れば
 夕月かかりて におい淡し

 里わの火影(ほかげ)も 森の色も
 田中の小路(こみち)を たどる人も
 蛙(かわず)のなくねも かねの音も
 さながら霞める 朧(おぼろ)月夜

菜の花の黄色は,心を癒します。
そしてこの歌も,一面の菜の花畠が広がっている その情景が目に浮かんできますね。
歌詞とメロディが融合して,春の黄昏(たそがれ) どきのゆったりとのどかな感じにあふれています。
日本人の好む懐かしい歌を調査すれば きっと上位にランキングされる曲でしょう。

朧月夜
作詞:高野辰之 (1876.4.13-1947.1.25)
作曲:岡野貞一 (1878.2.16-1941.12.29)

この歌は文部省唱歌として,作詞者・作曲者は 長く機密扱いになっていました。

文部省唱歌とは
明治から昭和にかけて 文部省が編纂した尋常小学校・高等小学校・国民学校 等の教科書に掲載された唱歌と楽曲の総称です。

この高野・岡野のゴールデンコンビは 次のような歌も作っています。

故郷」      1914.6   尋常小学唱歌(六)
朧月夜」    1914.6   尋常小学唱歌(六)
春が来た」  1910.7   尋常小学読本唱歌
春の小川」  1912.12 尋常小学唱歌(四)
紅葉」      1911.6   尋常小学唱歌(二)

いずれもみんながよく知っている とても懐かしい曲ばかりですね。

つぎのYouTubeでこの歌を聴くことができます。

菜の花には,次のような有名な句もあります。
 菜の花や 月は東に 日は西に 与謝蕪村(1716-1783)

菜の花は,おひたし・辛子和え,など食用にもなります。
また菜の花はアブラナ(油菜)とも呼ばれ 油をとるために栽培されてきました。
菜種とも言われますね。
菜種油は日本では食用の6割を占めます。

鑑賞用としても,食用としても,加工しても 菜の花は人間に大いに貢献してくれています。
だから自然に懐かしいと感じるのかもしれません。

日和見とは

 

日和見(ひよりみ)とは
天気模様をみて都合のよい方策をうかがうことです。

一般には
形勢をうかがって自分の都合のよい方につこうと二股をかけること,のようにあまり良くない使われ方を してきました。
日和見主義!」というのは糾弾用の言葉でした。

しかし
予測される成行きを考えて,それにふさわしい行動を 決めるということは,実に大切なやり方です。
天候をみて,それに応じた適切なTPOを考えます。
TPOとは,Time(時),Place(場所),Occasion(場合) のことです。

時は春
この季節そのものが,冬と夏との替り目の季節です。
したがって
春は天気や気温が変わりやすいのは あたりまえのことなんです。

この季節の初期,つまり早春には
三寒四温といって,三日ほど寒い日が続いた後に四日ほど暖かい日が続き,これを交互にくりかえす現象があります。

ですから
天気予報をよく聴いて,その日にふさわしいコスチューム (服装)を選択することが大切です。

天気予報はできるだけ新しいものを参考にするのは 言うまでもありません。

人によって暑さ寒さに対する体感が違うので, 自分は暑さに弱いが寒さに強い,とかという自分自身の 体質の特性を把握しておくことも必要です。

たとえば,一般的には
最高気温が10℃前後になると真冬の服装が必要で, 15℃前後になると薄いコートでも十分になり, 20℃を超えると昼間は上着さえも必要なくなります。

しかし
これは個人差による影響がかなり大きいので, それぞれの方がご自分でその境界を探してください。

でも
かなり暖かくなったのに,まだダウンや厚手コートを 着ていたりする人がいると, なんだか「時代遅れ」と思ってしまったり

まだ真冬並みに寒いのに,若い女性にありがちな, 暦のうえだけの春の装いをされると,「伊達の薄着」もつらいね,と思いますが, 同情はしません。
カゼを引かないように,すべては自己責任ですから。

朝晩の冷え込み,日中の日差しの強さ加減,風の吹き方 の程度などによって,体感はかなり変わってきますから, その辺の考慮も必要です。

天候によって,服装を調節して,自分に合った温熱環境に 調整するのは,人間の知恵の一つですから, 変わりやすいこの季節,適切なコスチュームの選択をして, うららかな春のひよりを満喫してください。